福袋の楽しさはどこにある?

新年最初の営業日に大きなショッピングモールなどに行くと、福袋の種類豊富さには驚かされます。特にレディースアパレルの店舗では、ほぼ全店で福袋を扱っているのではないでしょうか。
レディースアパレルの福袋は、店舗によっては5,000円台から売られています。それでいて、驚くほど豪華な商品が入っていることも。お得だし、普段手に取らないタイプの服との出会いもあり、なかなか面白いものです。私も、運試しを兼ねて毎年購入しています。自分にはとても着られないというものが当たることもありますが、長らくお気に入りになっているという服もあります。

しかし首を傾げてしまうのは、中見が公開されているタイプの福袋です。「アウターが必ず入っています」、「トップスとボトムス2点ずつ入ってます」といった内容の公開はともかく、中見の写真が掲示されていたり、サンプルが展示されていたりというものも見受けられます。ここ数年で、そういったタイプの福袋は増えてきているのではないでしょうか。

「何が当たるか分からない」というのが福袋の醍醐味だとすると、これでは楽しみが半減してしまうように思えます。それに、同じ内容の福袋が大量に販売されているということは、その中見は福袋のために生産されたものということですよね。そう考えると福袋の値段が定価というわけで、お得感もあまり感じられません。
ただ、そういう福袋もそれなりに人気があるというのも事実のようです。福袋にギャンブル性を求めず、安く服が買える機会と捉えるなら、中身を見たうえで判断できるのは合理的なのでしょう。それに、普段からそのブランドの服を買っている人であれば、「福袋のために作られた服であっても、このブランドなら大丈夫」という信頼を持っているのかもしれません。

福袋の楽しみ方は人それぞれで、その多様さに対応する形で福袋のあり方も変化しているのでしょう。そんな中から自分が一番楽しめる福袋を探すというのも、それはそれでひとつの楽しみとなるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です